不安な気持ちの中、逞しく頼もしく成長していった息子

母子家庭の一人っ子故に人付き合いが下手で、コミュ障なのではと心配した程の息子が県外留学を決心した時は、感動と不安が入り混じって複雑な心境でした。
休暇の度帰省する息子は毎回一回り逞しく頼もしく成長しており、3年間の島根中央高校生活で、大学への推薦合格だけでなく 本人曰く「最高の宝物である生涯の友」を得ることが出来ました。
良くも悪くも東京では味わえない事だらけであって、クラスメイトや先生方と離れ難い本人の気持ちを痛感させられる卒業式の様子からもこの3年間は今までの彼にとって一番貴重で充実した時だったのは間違いなさそうです。
お世話になった先生方、先輩、職員、ホストファミリーの皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。
今後 後輩の方々が関東の大学受験進学される際ホスト役をさせて頂き恩返しして行く所存です。在校生の皆さん、頑張って下さい!

※本内容は、2018年4月当時のものです。