地域みらい留学で過ごす高校3年間は人生の羅針盤になる

私は学生時代、「親に心配かけないように」という想いだけで特に目的もなく勉強し、高校は偏差値70overの進学校に進みました。
ある時、高校の物理の授業にバイオベンチャーの経営者がいらっしゃって、「いくら勉強ができても、人生の目的がなければ一生使われるだけの人生になるぞ」と言われました。
その言葉に衝撃を受け、そこから独学で社会・世界のことを学び、自らで進路を切り拓きました。
地域みらい留学は、課題先進地域における3年間。自然あふれる最高の環境で、最高の刺激を受ける3年間です。
覚悟を持って飛び込もうとしている皆さんのその決断は、近い未来、人生の羅針盤になりますよ。
勇気ある決断をするあなたを全力で応援しています。