新しい挑戦に希望を抱いた

1 なぜ地元でない高校を選んだのか
利根商で監督をしてくださっている小川監督と幼稚園の頃からご指導をいただいたということもありますが、それ以上に新しい挑戦に希望を抱いたからです。

2 高校生活で充実していること
商業高校で勉強をすることで、今まで学んだことのない情報処理や簿記をすることで、人生の選択肢が増え、普通高校では味わえない体験ができています。

3 入学前に悩んだこと
私が悩んだことは、友人関係と親元を離れることです。誰も知らない中、さらに県外組として、地元の人とうまくやっていけるかが心配でした。また、早くから親元を離れることでの生活習慣の乱れが不安でしたが、みんな心が広く、寮の仲間とともに歩むことができています。