息子と離れて暮らす現実に目を背けてきたけれど

息子が群馬県に行きたいと言い出してから、離れて暮らすことに目を背けてきました。
今も実感はありません。何が不安か具体的に言えないほど、数えきれないくらい不安がありました。
しかし私の不安は何の意味もなく、入学してからの息子は生き生きと生活しています。 山・川・大きな自然に囲まれて、3年間サッカーに集中することで、勉強・友人との絆を創り、自分に携わることのすべてに対し、真剣に向き合うことを学ばせていただきました。

※本内容は、2018年4月当時のものです。