奥田 麻依子

京都大学卒業後、東京のIT企業に就職。子どもも大人も多様な関わりの中で学べる環境を作っていきたいと思い、海士町へ移住。6年間、隠岐島前高校魅力化コーディネーターとして、学校と地域が連携したグローカルな学びの場づくりに取り組む。 一度島根を離れて、新しい学校づくりに挑戦するも、県・国単位の学校と地域をつなぐ仕組みづくりの必要性を感じ、PFに参画。

PFでの取り組み・担当テーマ
高校魅力化の成果の見える化(評価)
ブータンとの協働による持続可能な幸せのための学び探究(海外)

【関連記事】
・メンバーインタビュー:変化に必要なのはコーディネートする“機能”